第3回 書の交流展

 

                ごあいさつ ~作品目録より転載~

 

   このたびは「第3回 書の交流展」にお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

  本展は、私の書道教室に通われる生徒の皆さんと、楽しみながら企画した書道作品展

  です。

  

   日頃、生徒の皆さんには書道の基礎からじっくり学び、古典の臨書や創作などを

  楽しみ、実用的な細筆の練習等も行っていただいております。

   その根底には『書道の楽しさや奥深さを純粋に味わっていただきたい』 との想い

  があります。

 

   そのため、私の書道教室は一切の書道団体に属しておりません。

   生徒の皆さんは日頃、私が決めた毎月の課題(漢字・かな・細字等)を、それぞれの

  ペースで学んでおります。

 

    また年に1~2回、生徒の皆さんに好きな言葉を選んでいただき、自宅に飾ったり、

  大切な人へ贈るための、読みやすい小さめの作品を作る機会を設けています。

  それは

  『書は生活に密着したものであり、また、生活に潤いを与え、自分自身や家族、

   周りの人たちを幸せにする力を持っている』

   との私の信念に基づいています。

 

   会場に飾ってある小さな作品達は、実力を誇示するためでも、ましてや賞を取る

  ためでもなく、ただただ自分や家族のために、生徒の皆さんそれぞれが真心を込めて

  書いたものです。

 

   ですから、いずれの作品もただのお手本の模倣ではなく、その人の心を素直に表し、

  キャリアや巧拙も通り越して、生き生きとした明るさに満ちています。

 

   ご来場の皆さんはきっとそんな中に、私の書道教室の雰囲気までも感じ取って

  いただけることでしょう。ぜひごゆっくり御高覧ください。

 

                                  平成27年3月吉日  石田不空